スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

天才的に可愛い週末

市民蔵常右衛門 内

入りたてホヤホヤ 近頃わたしが
お世話になっているサークルが、さらに
大変お世話になっているというサークル
テンポケッツの発表会・忘年会があり
メンバー全員で参加するとのことで、
持ち曲のないわたしは、純粋に見学!
ということにしてもらい、文字通り
お邪魔させていただきました。


一旦、みんなで集合して、1台にあいのり
させてもらって向かうんだけど、途中
少しだけ時間をとり、川原で最後の練習を
するのも恒例らしいです。
川辺で音を出すのって、なんとも
気持ちよかったです。 オドロイタ。

同じサークルの人間でさえ、日頃の練習風景
では、どんな曲をどんな風に吹いているのか
他の人の音にまぎれて、実際のところ
よくわかんない時もあるので、
発表会と称して、1曲 通しで お披露目
するような場面に、ご一緒させていただいて
フルで可能な限り 聴けて良かったです。
第一、生の音が、本当によかったです。

余興も楽しかった。



こんなに微笑ましい余興を 私は知りません。
人さまの ファミリーなのに なんですが
この ひたむきさといったら、ない。
どこからきたのか わからない可愛いさ
無敵です。自慢です。どこにも負けません。

彼らに合わせ、即興で「森のくまさん」を
チョイスしていく先生も素敵ですが、
そのアドリブを楽しんでるかのような笑顔を
見ていたら、楽しくて仕方なかったです。
わたし…、 このくらいの年頃なんて、
アホみたいな替え歌を ヘラヘラ歌う程度
だったですよ…。
それに比べ、本当に芸達者。 天才。

♪) あるぅ貧血 もりのな浣腸
♪) くまさんニンニク であっタンコブ
♪) 鼻くっそ モーリモーリ ちんち●ん
♪) くまさんにであぁたぁ


かねがね、お名前だけ 耳にしていた
深沢 剛 先生という  (*1
なんていうか、ものスゴイ方に、
本日、初めて お会いした訳なんですが
(一方的に、見て・お話をきいてただけ)
ハーモニカもピアノも、かっこよく
ジャズィで ブルースで うンまいなーとか
そんなことは、もちろんでした… が、
おはなしが上手で! ビックリしました。
きいてるのが心地良かったです。 さすが。

歌う場合なんかは、その歌い手さんで
顕著に顕著になる話なんだけど
抑揚のつけ方や、音の"ため"
「少年時代」なんかでいうとこの…

夢はつまり 想い出の後先(アトサキ)
ジャーン!
夏祭り 宵かがり… (続く

とか、伴奏の入るタイミング的な話で

思い出の あとさきッ ←

って、ここで、淡々と切られてしまうと
どんなテンポで、いくつ休んでから
そのあと 戻ってきたがってるのか
入りたがってるのか、相手(伴奏者)に
どうして欲しいのか、伝わりづらい
っていうような話で、それに対して

思い出の あとさ きぃ いぃ ウン

て、切ってくれれば ジャーン! と、
すんなり 入りやすい みたいなね、こう、
技術・テクニック うんぬんのお話ではなくて
いくつのばしてから、ウン と切るような
めりはりのある表現をすることで
きいてる人への伝わりやすさや、緩急つける
意味や効果を説明して下さいました。
とにかく、えらい、わかりやすい。
ただ 持論をワンマンに話すのではなくて
きいてる相手が、少しでも うなづきながら
話がきけるような話し方をする人だな、と
噛み砕いて話せるのって、工夫だし
センスもいるけど、それがお上手でした。
ひとくちに才能っていうけど、
とんでもない厚みを感じました。
あんな雰囲気の先生に、サシで
教わっている生徒さんは、幸せ者ですね。

出ない音が たくさんある私には
まだまだ果てしない距離感のお話ですが
できれば、こんな風に吹きたいっていう
伝えたいんだぞ、コラ! っていう
熱さみたいなものだけは、忘れないように
吹いてみようって思いました。
うまくできずに、いやになっちゃう時こそ
投げずに 落ち着いて 大事にしよう。


| 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

スポンサーサイト
| 22:05 | - | - |
| - | pookmark |

Comment









Trackback





Category


Re: Thank you !


Link