スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

クチの中を嫌がる。


転居後、前の獣医さんに通うのは厳しいから、いちから動物病院も探さないとなぁ、って思ってた矢先に、イヌの具合が悪くなった。
あからさまにトーンダウンして、覇気がない。ゴハンを食べるのも、普段の 5倍くらい時間かかってるし、とにかく、弱弱しい。
クチの中を嫌がるみたいな態度をとる。

よく調べてもらおう と、病院を探す。

1軒目の病院…
変わった獣医さんがやっておられました。
お診たて中、一度も うちのイヌを 触わろうとしない先生で、とうとう 最後まで 指一本 触ることはなく終了。 獣医さんなのに触らないとか大胆なことを、あまりにも自然にやってのける姿に 一貫性さえ 感じました。
設備の面で、うちではここまでなら出来る、それ以上はよそへ… と、出来ないモノを出来るみたいに言うような先生じゃないのも良いなぁ、とは思いました。 なので、この先かかりつけにはしないと思うけど、あのキャラは嫌いじゃなかったです。
ただ、うちのイヌを元気たっぷりに戻したいので、よく調べてもらえない状況で、よくわからないと言われても、当たり前じゃん、と思ってしまうから、セカンドオピニオンしました。


ただの病院探しなら いざ知らず、緊急を要しているので、今すぐラクにしてくれる・治してくれる病院に行きたいよ…と、泣きそうになったとき、2軒目の病院 が見つかり、
そこに 神様もいました。
ものすごい 熱心な神様が 二人もいらっしゃって、助手の女性も 手厚い方でした。
もう、そんなに診ないでーーーっていうくらい、下調べしていただき、もらってくるまでの経緯や病歴、年齢を相談した結果、それでも手術することになりました。
ずっと、痛がってるクチの様子をみせると、歯茎と歯がグラグラらしいです。
歯石をとりつつ見てみましょう、場合によっては抜歯します。とのことでした。 ついにくるときがきた。そんな気持ちでした。

手術当日。指示通り、飲まず食わずで病院へ行きました。
夕方には麻酔から覚めてると思うから迎えにきてね。 ←こんなやりとりをしてる横で、イヌに麻酔がかけられ、しばしのお別れです。 ナニゴトもなければ日帰りできることなんだけど、イヌを預け、病院をあとにした帰りの車で、ものすごくつらくなって泣きました。心細くてどうしようもなかったです。

夕方になるのが、ものすごく長く感じました。 そろそろいいよね、若干、フライング気味で、迎えに行きました。
まだ、麻酔が抜けきれてなくて、ボォー…っとしてたけど、うちのイヌの顔をみたら安心しました。 無事に終わったんだなぁ、って実感できた。うれしかったです。
歯垢を除去する際、がんばりきれていない下の歯を 二本ほど 抜歯したそうです。
そこが飛び出してるのが、うちのイヌのトレードマークだったんだけど、とにかく、もう元気になってくれればいいや。
よくやった! うちのイヌ がんばりました!
もう、それだけ。
帰りの車の中で、はちきれてしまって また思う存分 泣きました。 大事に大事に運転して帰りました。
我家は今夜、ぐっすり眠れそうです。


| 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

スポンサーサイト
| 00:00 | - | - |
| - | pookmark |

Comment









Trackback





Category


Re: Thank you !


Link